後付けサンルーフ?

車を新車で購入する際には、オプション設定があれば、サンルーフ装着車を選ぶことができます。

しかし、中古車で購入した場合、新車で購入したけど後で付けたくなった場合など、後でサンルーフを付けたくなる場合があります。

そのような場合に、後付けで付けるサンルーフのことを後付けサンルーフといいます。

日の当たりが少ない欧州や高級車でサンルーフ装着が当たり前になっているアメリカでは、後付けサンルーフはよく装着されています。

後付けサンルーフキットは、作業に慣れたプロに作業を依頼する場合もありますが、車いじりが好きな方であれば適切な工具さえあればDIYで装着できるようになっていますので自分で装着する方も多くいます。純正サンルーフと比べると、廃車した後に別の車にも取り付けることが容易になっています(外した後付けサンルーフから型紙を作り、シリコーンシーラント(400円ほど)を購入して取り付けます)。

サンルーフのメリットは…

●車から空を見ることができる
●車内が明るくなる
●車の上部から一気に換気できる
●解放感を味わえる
●水没などの時の脱出経路が増える
●エアコンを使わなくなるため環境にやさしい

といったところでしょうか。逆にデメリットもあります。
●費用が余計にかかる
●車上部の重量が若干重くなる
●サンルーフを開けている時に雨が降ってきたら濡れてしまう
●ルーフの剛性特性が変化する(総合的に良くなる場合も多いようです)
というような点です。