カテゴリー:取り付け
ID #1018
Q:

クロスメンバー(ルーフの鉄板下でルーフライナーより上の横方向の補強材)を切断するためにいい方法はありませんか?

A:

まず、ルーフカット位置を決める前に、ルーフライナーを一部切り裂いてクロスメンバーの位置を確認し、なるべくクロスメンバーを切断しなくてもいいように位置を決めます。

そしてクロスメンバーを切る際は、金属用のこぎり、金切りバサミを使ってルーフ切断線より1cm外側を少しずつ地道に切っていきます。

その際、クロスメンバーの中央部を事前に切断してから行うと、クロスメンバーを傾けて作業でき、金属疲労も切断に利用できるので、作業が楽になる場合が多いです。

ルーフライナーを取り外した上でディスクグラインダーのような電動工具を使うことも可能ですが、ルーフを傷つけるおそれがありますので慣れていない場合はおすすめできません。

ルーフ切断線より1cm外側(下枠とクロスメンバーの残骸が干渉しない程度)を切るので、通常仕上げの場合はルーフライナー切断線の少し内側、巻き込み仕上げの場合は仮のルーフライナー切断線よりも外側になります。

したがって、巻き込み仕上げの場合は事前に布生地をはがしてからクロスメンバーを切断します。



タグ: -

関連エントリー:

最終更新: 2010-04-21 01:07
製作者: lifelabo
改訂: 1.1

Digg it! Share on Facebook このレコードを印刷する 友達に教える PDF ファイルで表示する