N1432 – 開き方、ガラスの取り外し方、同梱物など

DSC09419

N1432を「全開」にチルトした状態です。約8cm開いています。

他に、「中開」で固定することもできます。約4cm開きます。

(以下、写真をクリックすると拡大されます)

warp

車両後ろ側から撮影しています。若干曲率があります。

通常の車両であれば、少し曲率が合わなくてもルーフの鉄板の方がサンルーフの形に合うようになります。

warp-lateral

車両横側から撮影しています。曲率はほとんどありません。サンルーフの上枠と下枠がねじで固定されている状態です。取り付け時にはいったん分離してルーフの鉄板を挟みます。

開き方

閉まっている状態で固定されています。2つのボタンを両側から押します。

片手で操作可能です。

DSC09403

押しながら車両の上の方に押し込みます。

DSC09404

少し開きました。

DSC09405

ボタンから指を離して、さらに押します。

DSC09406

最初に「カチッ」としてボタンが戻るところが「中開」の位置です。

DSC09407

DSC09408

「中開」の位置です。約4cm開いています。

DSC09409

同様に操作すると、「全開」の位置になって、約8cm開きます。

handle-opened

ガラスパネルの取り外し方

(1)車を停めた状態で、室内にて、全開位置にしてから、ガラス側にある中央の灰色材を上に押し上げます。

step1

後ろ側で、取っ手とガラスが分離します。

step2

(2)ガラスが少し開いた状態でガラスを片手で押さえます。反対の手でガラスの前側の2つのヒンジ部にある灰色のレバーを押し下げます。

    f-step1f-step2f-step3
このとき、下の右側の図から左側の図の状態になり、前側のロックが外れます。

ownersmanual-Nseries-frontpin
(3)ゆっくりとガラスを外し、縦にしてから、車内に収納します。その際、傷がつかないように布などで保護しておきます。

ガラスパネルの取り付け手順

(1)車を停めた状態で、室内にて、前側の2つのヒンジ部で、左右均等になるように注意しながら、しっかりとピンを凹みに入れます(左側の図)。

(2)灰色のレバーを押し上げて(右側の図)、前側を固定します。

(3)後ろ側の取っ手部分を伸ばして全開位置の状態にしてから、灰色材を押し上げながらフレームに嵌めます。これで後ろ側も固定されます。

(4)確実に固定され、閉めたときに隙間がないことを確認します。

他の同梱物

DSC09428

同梱される巻き込み仕上げ・生地貼り付け仕上げのための巻き込み用ゴム材」です。

DSC09415

天張りの生地を分離して取り出した後で、下枠の内側にある溝に生地を入れた上で、この「巻き込み用ゴム材」をはめ込んで固定します。

取っ手の部分ははさみなどで切断します。剥離シートに貼り付いているのは防水用のブチル材です。シリコーンコーキングを使わない場合に使用します。ただ、ルーフが高温になったときなどにブチル材がはみ出るとやっかいなのではみ出ないように外側ぎりぎりにしないようにする必要があります。

DSC09425

DSC09412

他に、フラットな「ねじカバー用ゴム材」がありますが、巻き込み仕上げや生地貼り付け仕上げではこれを使わなくてもねじの部分が隠れますので、通常は使いません。

DSC09431

上枠と下枠を連結するためのねじの他に、取っ手部分などにあるねじ(通常、回す必要はありません)用の丸い穴を埋めるための黒色のゴム材があります。

ルーフカット用の型紙、日本語の取扱説明書、取付説明書も同梱されます。